告知パヨク&ネトウヨ診断 あなたの思想に問題がないかをチェックします!
告知みんなのネトマガ 政治経済歴史に関する記事はこちらに移動します!

2013年2月27日水曜日

サッカーカーニバルのリーグ戦攻略!ポジション研究中~

サッカーカーニバルというブラウザゲームがある。

このゲームのリーグ戦攻略の為に、重要な、ポジションを考えてみようと思う。

このゲームは、自分で一人の選手を育て、それを自分のチームに入れて、また別の選手を育て、それを繰り返し、チームを強くしていくゲーム、と言えるかもしれない。

選手を育てる過程での交流やチャットが楽しいわけだが、所属チームのリーグ戦での勝利が大きな目的の一つだとも言えるだろう。

そのリーグ戦攻略には、強い選手を集める事が必要だが、集まったからと言って勝てるわけでもない。

他の人も強い選手をそろえているし、ポジションが大きな影響を与えるからだ。

今日はそのポジションについて、私の考えるところを書こうと思う。

まず、ポジションで一番良いと言われているがの、デフォルトのポジショニング、3-2-3-2である。


選手同士の間隔は均等で良いし、フィールドをいっぱいに利用して攻守ができる、バランスのとれたフォーメーションである。

リーグ戦のデフォルトで与えられている選手もこれに合わせてあるし、システムとしてもそう作られているものと考えられるから、これが結論かもしれない。

でもそれで終わらせては話が終わるので、違ったフォーメーションも考えてみたいと思う。

まず、全てのポジションで、ある程度のレベルの選手がそろったものとして考えたいと思う。

特にGKは重要で、ここが弱いとフォーメーションも大きく変えなければならない。

守りを固めないと、簡単に得点されるからだ。

でも、GKが強いと、得点される可能性は限られてくる。

まずは守備から考えてみよう。

斜めからのシュート、コーナーキック、GKからのパスを近くで奪われる、飛び出した後フリー選手にパスを出されて決められる、カウンター。

この5つに、得点される可能性はほぼ絞られるのだ。

その中で一番得点される事が多いのが、斜めからのシュートである。

だから多くの人は、その場所にDFを置いて、守りを固めるスタイルが確立している。


ただし、DFをGKの近くに置くのは、デメリットもある。

DFが内に入れば入るほど、敵のFWも内に入ってくるからだ。

それに止められるかどうかは、DFの強さにも影響されるが、運もかなりあると思われる。

したがって、斜めからのシュートを止める術はなく、まるっきりフリーにするわけにもいかないが、それよりもそこまで押しこまれない事が大切だと考える。

だからDFのポジションは、あまり内には寄せず、ギリギリカバーできる位置において、なるべく前でボールを奪う事を考えた方がいいだろう。

前でボールを奪う為には、ディフェンスラインと前線を圧縮して、バランスよく配置する事が良い。

だからデフォルトのフォーメーションの両SBをやや内に動かしたくらいが良いかもしれないと思う。

次に、GKからのパスをすぐに奪われる場合だが、これはキーパーの戦略で対応できると思うので、フォーメーションには関係がなく、此処では割愛する。

前に出せば攻撃的になるという話もあり、ポジションを前に出しても良いかもしれないが。

コーナーキックからの得点を減らすには、なるべく押しこまれない事が必要で、これも先に書いたやり方で多少は対処できるだろう。

此処までの結論として、DF重視で考えるなら、こういったフォーメーションが良いと考える。

 

キーパーの弱点をギリギリカバーできるSBのポジショニングで、ディフェンスラインをなるべく上げて、前線との距離を詰めて、中盤勝負をする。

押しこまれなければ弱点をつかれる事も減り、ディフェンス力が向上する。

次に、GKが飛び出した後、パスをだされて決められる場合の対処だが、これはディフェンスの枚数を増やすしか対処できない。

敵の攻撃は大きくわけで3か所だ。

左、右、真ん中である。

だから3バックで基本対応できるのだが、真ん中から抜かれる場合が多々ある。

するとそれをカバーしようと、左右どちらかのSBがカバーに向かう。

そこにパスを出されると、フリーでシュートを決められたり、或いはGKが飛び出して、後はパスを出されて決められる事になる。

それをフォローする方法が4バックである。

真ん中を抜かれても、もう一人のCBがカバーすれば何も問題はない。

サイドを抜かれた場合もCBがカバーでき、ディフェンス力は格段に上がる。

問題は、1枚下げれば攻撃力が落ちたり、中間が弱くなるので、ディフェンスラインはなるべく高めにする事が望ましい。

バランスをとれば、4-4-2が良いかもしれない。


ちなみに、FWの間隔をそれなりに開ける事は効果的である。

あまりセンターに近づけると、 キーパーの飛び出しでボールを取られる。

後、FWを下げすぎると、攻撃に時間がかかり、ボールを取られるリスクが高くなる。

ある程度早く攻撃できる位置まで上げて、尚且つ中盤を圧縮する事が大切だ。

ちなみに攻撃に時間をかけると、カウンターが恐ろしい。

コーナーキックの後にも言える事だが、カウンターも失点リスクの高いところなのだ。

さて、4-4-2はかなり安定したフォーメーションなのだが、欠点もある。

敵のポジションを見て、その攻撃位置をカバーして守りたいわけだが、センターラインをカバーする選手がいない。

画像の左右を見比べれば分かるが、左は中盤からディフェンスにかけて、縦に5ラインカバーしているが、右は4ラインである。

やはりセンターラインを強くしておきたいところだ。

そこで考えられるのが、4-1-3-2である。


中盤でやられる可能性は上がるが、センターラインをフォローし、守りの安定感は向上する。

その分攻撃力が落ちるが、素早くフィニッシュに持って行けるようにすると良いかもしれない。

たとえばFWを片方、或いは両方前に出したり、中盤を固めるという意味ではSHを内に寄せる手もある。


左は中盤を捨てて、素早い攻撃と堅い守りのフォーメーション。

ボールを奪われやすく、支配率も低いが、対応力は高い。

右は守り重視でやや攻撃力が弱いが、強力なFW2枚とOH1枚があるなら、安定した戦いをしてくれるはずだ。

さて色々と話してきたが、おそらく強いGKがいるなら、ある程度1点で抑えられる可能性が高い。

だから2点以上取れれば勝てるわけだから、勝ちたいなら3バック、安定感を求めるなら4バックだろう。

私のオススメは、デフォルトフォーメーションのSBをわずかに内側に下げて、SHを少し内に寄せて、その分DHを内に下げて、FWを1枚やや上げるくらいが良いかなと思っています。


こんな感じでいかがでしょうか?

最後におさらいです。

■ディフェンスラインは下げ過ぎず、寄せ過ぎず。

■バランスよく配置。

■守りを固めるなら4バックだが、GKが強ければ大して変らないから、3バックで攻撃重視。

■GKの弱点である斜めからのシュートは、ギリギリカバーできる位置にSBを。

■攻撃に時間をかけるとリスクが高いので、FW1枚はやや前に。

■センターラインはしっかりと、中盤を強くし、押しこまれる前にボールを奪えるように。



管理者:秋華Google+  秋華神社エントランス  サイトの説明

最新かもしれない記事

秋華神社-秋華エントランス-

みんなのネトマガ-秋華神社-

オタクの遊び場-秋華グループサイト-

情報秘密基地-秋華グループサイト-