告知パヨク&ネトウヨ診断 あなたの思想に問題がないかをチェックします!
告知みんなのネトマガ 政治経済歴史に関する記事はこちらに移動します!

2016年9月8日木曜日

蓮舫氏への批判は生まれからくる差別?全く違います!嘘への批判と肩書の重要性!

蓮舫議員への二重国籍疑惑が高まっていますね。
あれ?疑惑って強まるって表現するんでしたっけ?
端っから話が脱線して申し訳ないです。{苦笑}

さて蓮舫氏、発言が二転三転していて、勘違いかもしれませんがどれかが本当の事だったとしても『他は嘘』となってしまいますね。
嘘をつく意図が無かったにせよ、国民からは嘘をついたと見られて仕方がないと感じます。
蓮舫氏への批判は、その嘘に対してもかなりあるようです。

そして当然二重国籍問題ですよ。
この批判に対して差別だという声もありますが、全く違います。
まず、両親の国籍の違いを完全に無視する事はどうしたってできません。
何故なら、本人が無視できないからです。

たとえばあなたが台湾人の父親と日本人の母親の間に生まれたアメリカ人だとしましょう。
生まれた時から日本語と台湾語に接してきて、アメリカ国民と言えども当然台湾や日本に対して親しみを感じるでしょう。
もちろん嫌な親なら逆の場合もありますが、完全にそれを無視することはできません。
当然蓮舫氏も、何かしらどこかで中国や台湾に対して親しみを持っているものと思われます。
雑誌の記事でもそのような事が書かれていましたからね。

本人には絶対に無視できない要素である血脈は、当然他から見ても同様に判断されて当然です。
蓮舫さんに関して言えば、息子に中華名を付けたり、父親がずっと台湾国籍だったり、無視できていない要素が確かに見えますからね。
となるとそれを踏まえて判断したり、間違いがあれば批判するのはあたり前の事なのです。
過去の歴史上の過ちのようにやり過ぎはいけませんが、生まれを完全に無視する事はできないのです。

生まれによる差別が駄目だというのなら、まずは本人が生まれを無視しないと始まりませんね。
自分が自分を別に扱っているのに、他人には同じに扱えと言われても無理があります。

それに生まれに関係無く、今回の二重国籍問題はやはり問題です。
例えば私が日本国籍以外に台湾国籍を持っていたらどうでしょうか。
両親も家系も日本人ですが、台湾に対する思い入れは無いと思ってくれますか。
政治家になっても、日本を第一に考えて仕事をすると思ってくれますか。

肩書は大切ですよ。
それはその人を表すものなのですから。
特に政治家にとっての国籍は、『どの国の国民を最優先にするのか』っていう表現の一つでもあります。
それが二つの国なんてありえません。
何処かでどちらかを選ばなければならない時が必ずあるのです。

今まで何度も書いていますが、国民が選挙で政治家を選ぶ時、その人の事をよく理解して投票している人がどれくらいいるでしょうか。
付き合いどころか会ったこともない人から政治家を選ぶのですよ。
我々にはその人のデータを見て判断し選ぶしかないのです。
そのデータの中で最も大切なものの一つが国籍なのです。

蓮舫氏本人の言葉を信じれば、少なくとも自分は日本人で日本国籍だけを望んでいたという事になります。
そして何よりも日本の為に政治家になったと言えるでしょう。
しかし状況を見た限りそれは信じられません。
何処までが本当の情報なのか、私は聞いた話からしか判断できませんので、間違いがあれば指摘してほしいです。
子供に中華名を付けたのは本当ですか?
出産は中国ですか?
父親はずっと台湾国籍ですか?
どうして、少なくとも嘘をついたととらえられる発言をしたのですか?

その辺り納得できる理由や説明が有れば、是非聞きたいものです。
私は蓮舫氏の事を、データでしか知らないのですから。

そんなわけで、これは大問題なわけですよ。
蓮舫氏が批判されるのもあたり前なのですよ。
そして差別でもなんでもありません。
生まれは相応に意識はしていますが、別に過剰に反応はしていません。
何故なら、この問題が出る少し前までは、私は蓮舫氏を認めていたのですから。
7割は政策に同意できると言っていました。
もちろん、父親が台湾人だと知っての判断です。

行き過ぎた差別批判はともかく、まあとにかく重要な問題ですから、スッキリと納得いく解決を期待したいですね。

口語訳 日本国憲法・大日本帝国憲法 (新人物文庫)

ε===(っ≧ω≦)っ


管理者:秋華Google+  秋華神社エントランス  サイトの説明

最新かもしれない記事

秋華神社-秋華エントランス-

みんなのネトマガ-秋華神社-

オタクの遊び場-秋華グループサイト-

情報秘密基地-秋華グループサイト-